ストレスチェックを定期的に実施する意味

ストレスチェックを定期的に実施する意味

ストレスチェックは定期的に実施してこそ意味があります。
法令上は1年に1回とされています。
健康診断と同じような意味合いがあることは誰が考えてもすぐに分かりますが、ある時のストレスチェックで問題なかったとしても、将来にわたって同じとは限りません。
逆に、ある時点では問題があった人でも、適切に対処することで健康を取り戻すこともありますので、思いついたようにただ1回だけ行うのではこのような変化を捉えることができないわけです。
個人レベルで見てもそうですが、会社全体や組織レベルで見た場合には別の考え方もできます。
あるときには問題を示した従業員の割合が例えば5%だったけれども、1年後にチェックした場合には8%になっていたとすればどうでしょう。
あるいは3%になっているということもあるかもしれません。
これもあえて説明するまでもなく、会社や事業所全体として何らかのストレスがかかる状態になっていたのかどうかを考える材料になるわけです。

ストレスチェックの記録の保管にも従うべき要求がある

ストレスチェックを実施すると記録が作成されます。
それらの資材は、管理されたところで規定の期間で維持しなければいけません。
保管義務のあるものとしてチェック結果そのもの、高ストレスに該当するかどうかの評価結果と面接指導の対象か否か判定結果などがあります。
実際に従業員が答えた調査票そのものは取っておく必要がありません。
ただし、集計結果に疑義が生じた場合には、見てみる必要があります。
これらのデータは5年維持の基準が適用されます。
ストレスチェックでは、医師の面談指導の結果について5年の保管が義務付けられています。
集計と分析の結果は義務ではありませんが5年間の維持を推奨しています。
これらの記録は書面でなければならないとなってはいません。
あまりすケースがないような場合は、電子的なデータでも問題ありません。
条件については高温多湿などの環境に十分な注意が必要になります。
電子上で最も怖い事象が、データの紛失です。
データが取り出せなくなると、違法となってしまうので注意が必要です。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックをスムーズに

当サイトは効果的なストレスチェックのため、スムーズに進めたい担当者が知っておくべき点を解説しています。
初めて実施する場合には、ぜひ参考にしてみてください。
このチェックはデータの分析も必須となります。
結果を分析して職場環境の改善に役立てることが大切です。
またチェックを定期的に実施する意味に関しても、このサイトでご紹介しています。
何を目的にしているのかよく分からない場合にも、スッキリと解決させることができるはずです。

管理人:東谷喜久男

SEARCH