その人にあわせたメニュー

ストレスチェックはデータの分析も必須

ストレスチェックは実施するだけが目的ではありません。
そもそも心理的な問題を早期に見つけるために実施する検査なので、結果を分析することが重要になります。
高いストレスを持っている人が多い部署があったり、オフィスのある場所にいる人だけに同じ傾向のストレスが見られるなどのデータが重要になります。
その結果を踏まえて、配置換えや組織変更、職場環境の改善などを検討します。
ストレスチェックの結果から見えてくるものは、病気のようにはっきりとしたものではありません。
専門的な知識によって分析されたデータを使って、改善点を見つけ出すことが重要です。
結果に対する対応については、組織全体で検討すればいいでしょう。
間違っても一人のマネージャーの責任を責めたり、ストレスを溜めないようにと注意するようなことがあってはいけません。
原因がわかれば組織全体の問題として解決策を見つけ出す必要があります。
新たなストレスを意味出さないことに配慮した方が良いでしょう。

ストレスチェックの項目はどの程度が良いのか

労働者のストレス状態を早期に気が付き、対処するためにストレスチェックがあります。
ただやみくもにチェックをするのではなく、決められた質問事項があり、必ず含める必要があるものは3領域となります。
質問事項は、仕事のストレスの原因、ストレスによる心身の反応や自覚症状そして労働者に対して周囲のサポートに関するものとなります。
なおストレスチェックは企業の規模によって義務化されているものでありますが、調査票自体は指定されていないので、企業で用意をしなくてはなりません。
迷った場合は厚生労働省が57項目の簡易調査票を提示しているので参考にすることができます。
近年では57項目以外に80の質問を提示したものが注目されています。
従来の57の事項にプラスしてモチベーションや上司のハラスメントやマネジメントについても調査できるようになっており、より職場内の環境を整えることが可能です。
働きやすい環境かどうか疑問に感じる場合は80事項にし、しっかりと分析をすることが大切になります。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックをスムーズに

当サイトは効果的なストレスチェックのため、スムーズに進めたい担当者が知っておくべき点を解説しています。
初めて実施する場合には、ぜひ参考にしてみてください。
このチェックはデータの分析も必須となります。
結果を分析して職場環境の改善に役立てることが大切です。
またチェックを定期的に実施する意味に関しても、このサイトでご紹介しています。
何を目的にしているのかよく分からない場合にも、スッキリと解決させることができるはずです。

管理人:東谷喜久男

SEARCH