効果的なストレスチェック!スムーズに進めたい担当者が知っておくべき点を解説

当サイトは効果的なストレスチェックのため、スムーズに進めたい担当者が知っておくべき点を解説しています。
初めて実施する場合には、ぜひ参考にしてみてください。
このチェックはデータの分析も必須となります。
結果を分析して職場環境の改善に役立てることが大切です。
またチェックを定期的に実施する意味に関しても、このサイトでご紹介しています。
何を目的にしているのかよく分からない場合にも、スッキリと解決させることができるはずです。

効果的なストレスチェック!スムーズに進めたい担当者が知っておくべき点を解説

職場環境の把握や改善に役立てられるストレスチェックを滞りなくスムーズにおこないたい、と考えている人は多いのではないでしょうか。
そのような場合にはストレスチェックの実施の流れをしっかりと計画し、実施することが大切になります。
これまで行っていなかった場合、初めて導入する際には負担になることも考えられます。
対象者の回答方法や質問票の分析、さらには結果後に希望者に行う面接指導なども計画をしておくことが必要です。

どのような従業員がストレスチェックの対象なのか?

ストレスチェックの対象となる従業員はどのように定められているのでしょうか。
昨今では正社員のみしかいないような会社はむしろ珍しく、契約社員や派遣社員、さらにはパートやアルバイトなど様々な雇用形態の人が働いていることがありますが、ストレスチェックは誰を対象とすれば良いのか簡単には分からないケースもあるかもしれません。
この条件は基本的に2つであり、1年以上の雇用契約を結んでいて、かつその職場の常勤雇用者の4分の3以上の時間働いている人となっています。
一般的に言って正社員は定年までの無期限雇用契約であり、当然ながら常勤雇用者そのものであってそれだけの時間働いているわけですから当てはまります。
契約社員であっても1年以上の契約期間があり、正社員と同じか少なくとも4分の3以上働いていれば含まれます。
一方で、派遣社員は派遣先企業と雇用契約を結んでいるわけではありませんので含まれないというか、派遣元企業に実施の責務が発生します。

ストレスチェックを外注して効率化

ストレスチェックは、年に1回全従業員に対して行われなければいけない調査です。
実施には資格のある者が必要で、人事権を持っている人の関与は禁止されています。
基準の策定や手順の確立、データの分析など専門知識が必要となるため社内で簡単に行えるものではありません。
そのような社内負担を少しでも減らして効率化を図りたいなら外注するのがおすすめです。
外部委託は法律でも認めているため、全く問題なく行うことができます。
専門性を持って実施してもらえれば、社内で体制づくりを行うよりも、正確で安心です。
ただしストレスチェックの主な目的が、ストレスの多い環境の洗い出しということから、それが明確に示されるようなデータ分析が行われなければいけません。
業者を選定するときには費用面だけでなく、希望する分析結果を提供してくれるところかどうかを気にした方が良いでしょう。
その結果を使って、社内の環境改善を行うことで、ストレスフリーな職場を構築することが期待されます。

ストレスチェックの費用を正確に見積もり

ストレスチェックの依頼を検討している場合、無料で頼めるのではなくて一定額のお金を支払わなくてはいけないです。
この支払うお金なのですがストレスチェックを依頼できる会社で全然違っているので、お得に頼みたい場合は比較することが必要です。
少しでも払うお金の少ないところを選択すれば、経済的な心配をしないで目的のストレスチェック依頼を実施できます。
そこで重要になってくるのが見積もりで、支払う費用を正確に把握することが可能です。
払うお金が少ないからといって、いい加減なストレスチェックになることはないです。
どのくらいのストレスが各々で発生しているのかできる限り分かるようになっており、安心して依頼できるようになっています。
見積もりを行って費用に満足できなかったときは、提示された後にキャンセルできることがほとんどです。
無理して利用する必要はなく、積極的に比べていけば、満足できる会社を選択できるようになります。

ストレスチェック用のシステムが持つ機能

日本においては2015年の12月から義務化されているのが、ストレスチェックです。
これは常時労働している人が50人を超える団体に課せられている義務で、ストレスをチェックすることによって精神的な病を防いだり、進展させないという目的があります。
義務化されていますが、罰則というものはいまのところはありません。
しかし労働基準法には違法となりますので要注意です。
ストレスチェックようのシステムが持つ機能には、さまざまなものが挙げられますが、特に注目したいのが分析をデータ化できるという内容です。
企業全体でまとめる事もできますし、高ストレス者を出して面談に持っていくという事も可能です。
早めの処置を行うことによって、精神的な病気に進ませないというメリットもありますし利用されている企業は多いです。
専門的な要素も含まれてきますので、ストレスチェックサービスを提供している会社に一任をしているという企業が多い傾向が見られます。

ストレスチェックに関する情報サイト
ストレスチェックをスムーズに

当サイトは効果的なストレスチェックのため、スムーズに進めたい担当者が知っておくべき点を解説しています。
初めて実施する場合には、ぜひ参考にしてみてください。
このチェックはデータの分析も必須となります。
結果を分析して職場環境の改善に役立てることが大切です。
またチェックを定期的に実施する意味に関しても、このサイトでご紹介しています。
何を目的にしているのかよく分からない場合にも、スッキリと解決させることができるはずです。

管理人:東谷喜久男

SEARCH

新着情報